FEIC 古河電工産業電線株式会社

大規模太陽光発電システム用ケーブル 1500V PV-CQ

はじめに

地球温暖化対策やエネルギー源の確保の一環として、再生可能エネルギーの利用拡大が進む中、世界各国で太陽光発電の普及が進んでいます。日本国内でも2012年7月1日から再生可能エネルギーの固定価格買取制度(FIT; Feed-in Tariff)が始まったことで、出力が1MW(メガワット)を超えるような大規模太陽光発電所(以下、メガソーラー)の建設が急激に増加しています。

日本の「電気設備に関する技術基準を定める省令」(以下、電技)の電圧区分においては、直流では750V以下を「低圧」、750Vを超えるものを「高圧」と規定しています。従来の国内メガソーラー発電システムの電圧は、「低圧」に該当する直流600Vを採用することが一般的であり、配線も600V CVケーブルなどが使用されてきましたが、2012年6月29日に太陽光発電に関わる電技解釈が改正され、太陽光発電システム用ケーブル(以下、PVケーブル)が新たに規定されました。

システム電圧が直流1500V以下にあって、取扱者以外の者が立ち入らないような措置を講じた場所では、新たに規定されたPVケーブルを使用すれば、「低圧」要件でケーブル施工が可能になりました。太陽光発電システムの概要をイメージ図に示します。

このたび古河電工産業電線では、直流1500Vを上限としたメガソーラー発電システムに最適なPVケーブル「PV-CQ」を開発しました。

システムを高電圧化するメリット

メガソーラー発電の直流システム電圧に関しては、出力が同じならば電圧が高い方が電圧降下ロスは小さくなるので、送電ロスが低減できるメリットがあります。

また、同等の出力ならば、直流側の電圧を上げれば直列接続する太陽電池を増やすことができ、図に示すように並列回路数を減らすことができます。従来600Vの低圧システムと比較し、1000Vの高圧システムでは接続箱の数とケーブル本数を約40%削減することができ、システム全体でのコストダウンが可能になるという試算があります。

(※)ABB「太陽光発電1,000Vソリューション」

システムを高電圧化するメリット

お問い合わせはこちら

材料

露出配線が多く、苛酷な環境下で使用されるPVケーブルには高い信頼性が要求されます。産業用電線エコエース®や、機器用内部配線エコエースプラス®などの被覆材に使用するハロゲンフリー材料の開発で培ってきた古河電工グループの優れた材料配合技術により、様々な特性を兼ね備えた、全く新しいPVケーブル用のハロゲンフリー材料を開発しました。

お問い合わせはこちら

構造

今回開発したPVケーブル「PV-CQ」は、電技解釈第46条に準拠し、絶縁体は架橋ポリエチレン、シースは架橋ポリオレフィンを被覆した構造です。PVケーブルは適用場所が限定されており、感電のリスクが低いため、一般的な高圧ケーブル構造で要求される銅テープなどの金属遮へい層がなく、取扱性が良好です。

また、シース色は白、黒を取り揃え、極性識別が容易になっています。

ケーブル構造表

お問い合わせはこちら

特長・特性

PV-CQはケーブル要求特性一覧表に示すように、電技に規定されたPVケーブルとして必要な特性を満足し、次の特長を備えています。

耐候性

耐熱性・耐寒性

耐外傷性

難燃性

環境配慮

ケーブル要求特性一覧表

お問い合わせはこちら

メガソーラ システム イメージ図

メガソーラ システム イメージ図

お問い合わせはこちら

お問い合わせ

古河電工産業電線株式会社 お電話・FAXからのお問合せ

本社営業 産業・システムグループ
〒105-8630
東京都港区新橋4-21-3 新橋東急ビル14F 古河産業㈱内
TEL 03-5405-3621(代表) FAX 03-5405-7579

中部営業グループ
〒461-0005
愛知県名古屋市東区東桜1-14-25 テレピアビル8F 古河産業㈱内
TEL 052-972-8990(代表) FAX 052-972-6183

関西営業グループ
〒530-0004
大阪府大阪市北区堂島浜2-1-29 古河大阪ビル4F 古河産業㈱内
TEL 06-6346-2956(代表) FAX 06-6346-2959

九州営業グループ
〒812-0011
福岡県福岡市博多区博多駅前3-2-1 日本生命博多駅前ビル3F
古河産業㈱内
TEL 092-483-5637(代表) FAX 092-483-5610

古河電工産業電線株式会社 お電話・FAXからの技術的なお問合せ

平塚工場/電線技術課
〒254-0016
神奈川県平塚市東八幡5-1-9
TEL 0463-24-8008(代表) FAX 0463-21-8285

古河電工産業電線株式会社 フォームからのお問い合わせ

お問合せフォーム